エイジングケアは、フェイスクリームでターンオーバー正常化

2018年06月15日
美容情報です。

今回は、エイジングケアを実践するための高機能美容クリーム「ナールス ユニバ(nahls Univer)」について。

 ナールス ユニバ(nahls Univer)は、素肌の質 “Quality Of Skin(QOS)*”を高めるために、大学発のエイジングケア成分であるナールスゲン○Rをはじめ、「育み」「攻め」そして「守る」エイジングケア成分をバランスよく配合しています。商品名のユニバ(Univer)には、「万能の」を意味する“Universal”や「総合大学(学問が集まる場所)」を意味する“University”などの語源である“Uni”に「(良い成分を)1つに統合する」という想いを込めました。夏の紫外線で疲れたお肌の対策に、ナールス ピュアで補給した水分を逃がさないよう、ナールス ユニバでカバーしてみてはいかがでしょうか?

*QOSとは、細かく整ったキメ、お肌の内側からのハリと弾力、健やかな透明感、表皮のバリア機能、十分な潤いの5つが高い状態のお肌のことを、私たちがそのように呼んでいます。

ターンオーバーについて

お肌の「ターンオーバー」って、聞いたことありませんか?これは表皮の「新陳代謝」や「生まれ変わり」のこと。健やかでキレイな角層を育むために、とても大切な機能なのです。「ターンオーバー」には、周期があり、年齢や個人差があります。年齢とともに新陳代謝は低下し、20歳代の女性で28日程度(最近では6週間という説も)、30〜40歳代では、約45日程度と言われています。
 正常な「ターンオーバー」のために大切なのは、質の高い睡眠と適切な食事ですが、なかでも、ビタミンAとビタミンCの摂取は必要不可欠です。ビタミンAは、皮膚や粘膜を丈夫にする栄養素で、肌荒れや老化を予防する効果が期待されています。このビタミンAのもとになるβ-カロテンは、にんじんやほうれん草などの緑黄色野菜に豊豊富。ビタミンCは、ピーマンやパプリカ、トマトなどに豊富に含まれています。
 食事で内側から、そして、ナールス ピュアやナールス ユニバもお使いいただき、健やかな「ターンオーバー」を目指しましょう。

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:コスメからスキンケア・エイジングケアまで

<< 2018年 06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク集