2016年06月

カサつく唇の対策方法

2016年06月29日
年齢を重ねると、肌の老化も気になりますが、唇はどうですか?
若い頃は、口紅やリップブロスを塗らなくても大丈夫でしたが、エイジング世代になると
唇がくすんで見えたり、カサカサになってしまったり、口紅などの乗りが悪くなっていませんか?

唇には汗腺がなく、皮脂が少なく、角層も薄いので乾燥しやすいのです。
唇が乾燥してしまうと、カサツキが目立ち、ふっくら感も失われていきます。



では、唇の乾燥を防ぐにはどのようなケアをしたらいいのでしょうか?



さまざまなリップクリ−ムがありますが、保湿効果のあるリップクリームを使用し、こまめに
塗るようにしていれば、防げるトラブルです。


そして、効果的に保湿するには、リップクリームを縦ジワに沿うように、縦方向に塗ると、浸透が強くなります。
唇について詳しく書いている記事を見つけたので、唇のエイジングケア
をご覧ください。


口紅をオフする際に、ティッシュベ−パ−などでこするなどしていませんか?
唇も肌と同様、こするなど刺激を与えてしまうのは良くありません。
専用のリム−バ−を使用し、優しくオフしてください。


そして、忘れてはいけないのが、紫外線です。
顔や手足の紫外線対策はしていても、唇の紫外線対策は忘れていませんか?
UV効果のあるリップクリ−ムなどもありますので、唇も紫外線から守ってあげましょう。


もしあれてしまった場合は、皮を無理矢理取ったり、こすったりせず、
化粧水を含ませたコットンなどでくるくると円を描くようにして、やさしく拭き取るように取り除いてください。
はがれなくていい皮まではがしてしまい、血が出たり、炎症を起こす可能性もありますので要注意です。



ふっくらとして、うるおいとハリのある唇は若々しく美しく見えまよね。
唇のエイジングケアはしっかりと行ってみてください。




プロフィール
管理者:コスメからスキンケア・エイジングケアまで

<< 2016年 06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
リンク集