2018年09月

毛穴が開くのはなぜ?

2018年09月21日
あなたは毛穴で悩んでいませんか?




はじめに



毛穴が開くのはなぜでしょうか?

毛穴が開くという肌荒れ症状は、年齢層を問わず女性の悩みのタネになります。

子どもの頃は、むきたての卵のようにツルツルとした顔周りだったはずが、大人になるにつれて皮膚のたるみや角栓が目立ち始め、結果的に毛穴が開いてしまいます。

そこで今回は、毛穴の開きの原因について解説します。




1.毛穴の開きと角栓の沈着は深く関係している



間違った洗顔やクレンジングによって、角栓汚れが沈着してしまうことがありませんか?
そのせいで、毛穴が詰まって皮膚呼吸が正常に行えなくなります。

すると、多くの女性は、毛穴の奥まで詰まった角栓を取るためにパックやスクラブを試し始めるでしょう。

パックやスクラブは、一時的に角栓を除去してくれるものの、肌に相当な負担をかけます。
また、汚れが取れたことで、毛穴に空洞が発生します。

毛穴が空洞化すると、その部分に雑菌が繁殖して炎症を起こしやすくなってしまいます。
このように、角栓の沈着を防ごうと間違ったケアを行うことで、毛穴の開きを生むのです。





2.10代〜20代に毛穴が開くのは「皮脂」が原因



若い女性ほど、成長期などのホルモンバランスの乱れにより、皮脂が過剰に分泌します。
そのせいで毛穴が開くこともあるのです。

皮脂が過剰に分泌すれば、顔の表面を覆ってしまい、毛穴の詰まりを招きます。
そこに悪玉のアクネ菌が繁殖すれば、今度はニキビにも悩まされることになるわけです。

よって、10代〜20代の女性は、スキンケアを見直して肌の負担と皮脂を減らすことで、毛穴の開きが改善される場合が非常に多いのです。



3.30代以降は「たるみ肌」が原因で毛穴が開く



30代を過ぎると、基礎代謝が落ちます。
むろん、それは肌のターンオーバーも含みます。

肌の代謝が落ち込むことによって、弾力アップに必要なコラーゲンの生成量が極端に減ります。

こうしてハリと弾力を失った肌は、たるみを招いてしまうのです。

あなたの毛穴が“ナミダ型”にみえるようなら、それは皮膚がたるんでいるせい…。
年齢肌が原因の場合、若い女性向けの化粧品を使っても、思うような効果は得られません。

角質層、真皮、皮下組織の3大構造を理想的な形に保つため、年齢肌専用のエイジングケアを行う必要があります。

毛穴の開きは、年代別に発生しやすい肌トラブルと密接に関わっていることがわかります。
各症状に合わせて、じっくりと長期的にケアしていくことが大切です。
プロフィール
管理者:コスメからスキンケア・エイジングケアまで

<< 2018年 09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
リンク集